スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば1分足

  • 2009/06/23(火) 00:56:24

どうも、サイゾーです。またまたお久しぶりでございます。
今宵もトレードをしましたゆえ、よろしければ見届けてくだされ。

では、本日の結果をどうぞ。

-9, +4, +2, +2, +2, -5, -7, -10, +8, +1, -10
Total -22pips

んん~、見事に負け越しておりますな。
正直、勝負に勝った日は嬉しくて戦果を記したくなりますが、今宵のように負けた日に戦績を記すのはつらいですな。

しかし、そこをぐっと我慢して負けを見つめることが勝利への道と信じて敢えて負けを晒しましょう。

では、今宵の状況をMT4チャートでごらんくだされ。

20090622_mt4.jpg


そして、クリック証券の取引チャートでございます。

20090622_click.jpg


一言で言えば、少々値幅のあるレンジ相場ですな。

拙者、これまでの自己分析によりトレンドには強いですがレンジには滅法弱いことがわかっておりますが、なかなかこれを改善できずもがいております。

というのも、執行足を5分足としているのに1分足を凝視しすぎてダマシに遭遇というケースが非常に多くございました。

ゆえに、本日よりMT4の1分足は封印します。

5分足 + ラインで勝負といきましょう。

取引チャートを見ると順張りで大きく負けている点が多く見られます。
これは要改善。まだまだメンタルが弱い証拠。

場数を踏んで鍛えるべし。・・・ですな。

日々是精進、がんばります。

ラインを引くべし

  • 2009/06/13(土) 01:38:58

どうも、サイゾーです。お久しぶりでございます。
最近なにかと忙しくて相場で勝負できず、更新が伸び伸びになってしまいました。

今宵は残念ながらノートレードとなりましたが、一応相場の状況だけでも確認しておこうと思い、筆を取った次第。

では、いつものMT4チャートをご覧くだされ。

20090612.jpg


これは、私がスキャルピングをする上で執行足としている5分足のチャートになりますが、いかがですかな? 見難いですかな?

しかし、これが意外や意外、「ラインを引く」という一見単純極まりない作業なのですが、これがスキャルピングにて非常に効力を発揮することが分かっております。

私のブログを見て頂いている皆様はすでにご存知かと思いますが、

・サポートライン
・レジスタンスライン
・トレンドライン

この三つを引くだけで、その延長上にある未来のレートが影響を受けるのです!

サポートライン、レジスタンスラインは過去の主要な高値、安値、レートが滞ったポイントなどに引くと良いでしょう。

また、トレンドラインは主要な高値、安値を基点として、それ以降の高値、安値を結ぶだけです。

たったそれだけのことなのですが、レートの動きはこの三つのラインに縛られるような動きをします。

もし、トレードの指標として迷いがあるようでしたら一度お試しあれ。
オススメですぞ。

チャートぐちゃぐちゃ^^;

  • 2009/06/03(水) 01:49:13

どうも、サイゾーでございます。毎度訪問ありがとうございます。
今宵もまたトレードを行いましたゆえ、結果をご報告いたします。

では、本日の結果、ご覧くだされ。

USD/JPY 買 1 96.16 96.16 0
USD/JPY 売 1 96.12 96.07 500
USD/JPY 売 1 95.96 95.94 200
USD/JPY 買 1 95.93 95.97 400
USD/JPY 売 1 95.85 95.86 -100
USD/JPY 買 1 95.87 95.89 200
USD/JPY 買 1 95.92 95.92 0
USD/JPY 売 1 95.86 95.80 600
USD/JPY 買 1 95.84 95.88 400
6勝1敗2分 Total +2200

んん~、ストレート勝ちには至りませんでしたが、なかなかに予測が
当たる相場展開でした。と、いうのも今回から新たに高値線、安値線なる
ラインを導入したのですが、これが意外と注意を引く指標になるようです。

では、どんなチャートでトレードしたのか、MT4のチャートをご覧くだされ。

20090602_mt4.jpg


それから、実際のトレードを記したクリック証券のチャートでございます。

20090602_click.jpg



私の場合、スキャルピングの執行足は5分足を使用しています。
よって、MT4の真ん中のチャートがメインで見ることになりますが、
いやはや、ラインの嵐でチャートがゴチャゴチャ見にくいですな。

とはいえ、なにも無闇やたらにラインが入り乱れているワケではなく
それぞれにはキチンと意味があるのです。

・ボリバン +/-1σ、+/-2σ
・21SMA、75SMA、200SMA
・21EMA
・高値線、安値線

ざっと見てこれくらいのラインを引いてます。

基本ばボリバンのカタチですね。右カラムにて紹介しておりますビクトリーメソッドが解説するとおり、(著作権に触れてしまうため詳しくは書けませんが)ボリバンはその状況によって、5つの種類に分類することが可能です。

そして、その形状ごとに攻め方を変えるんですな。

ストキャスだけ、MACDだけなどと偏った見方をしていると状況に応じた対処がしにくい。その点、レートの位置とボリバンのカタチで状況を見極め、攻め方を変えるだけでかなり勝率が変化してきます。


あとは、値動きを予測することですな。
これはまだまだ私も修行の身。今宵はうまくいきましたがもう少し場数を踏んで身の丈を知ることにいたしましょう。

日々是精進、がんばります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。