スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向感をつかむ訓練

  • 2009/05/03(日) 07:52:34

少々更新に間が空きましたな。
できればその日のうちにその日のトレードの反省ができるとよいのですが、金曜は力尽きましたゆえこんなタイミングでの更新になります。

ゴールデンウィーク中なので、平日PM18:30-19:30くらいのトレード結果になります。

今回からは少し手法を変えて1pips抜きに焦点を当てて訓練してみましょう。
(あくまでこれはレートの方向性を捉えるための訓練なので、リアルトレードでは1pips抜きのみに固執しないつもりです。)


では、金曜の戦績をご覧ください。

USD/JPY 売 1 99.44 99.43 100
USD/JPY 売 1 99.37 99.36 100
USD/JPY 売 1 99.36 99.35 100
USD/JPY 売 1 99.35 99.41 -600
USD/JPY 売 1 99.38 99.37 100
USD/JPY 売 1 99.37 99.36 100
USD/JPY 売 1 99.34 99.33 100
USD/JPY 買 1 99.30 99.31 100
USD/JPY 買 1 99.33 99.34 100
8勝1敗 Total 200

次に、チャートです。
今回から証券会社をFXTSからクリック証券に変更しました。
理由はクリック証券のはっちゅう君の便利さ、スプレッドが比較的安定している点、FXTSのスプレッドが安定しない点などが挙げられます。

まずは、おなじみMT4での1H、5M、1Mのチャート。

20090501_mt4.jpg


次に、クリック証券の注文チャート上における1pips抜きの様子です。

20090501_click.jpg


で、解説。まず、Totalの戦績は重要ではありません。これがたとえマイナスになっていても気にせず突き進みます。要はうまくレートの方向性を感じ取り、確実に1pips抜きができるかというところに主眼を置いています。

状況は、ドル円にしては珍しく強烈な円安劇を演じた直後でした。まぁ、わたしは幸いにしてトレンドに対しては苦手意識がないため、押し目押し目でトレンドに乗れば取れた場面ですが、今回からはレンジでの弱点克服が狙いであるため、敢えてレンジ局面でのエントリーに挑んでみました。

5M足でADXが下に張り付いた局面、つまりレンジに突入した局面です。すなわちトレンドではまったく使い物にならないストキャスが威力を発揮する場面。

・・・と思ったのですが、5M足のストキャスでは動き出すのにタイムラグがあるようで、1M足のストキャスはあまり反応していませんねぇ。

んん~、今回はかなり勘でトレードしてしまったカンジですな。(全然反省会になってないじゃん^^;)
ちょっと感じたのは、MACDのヒストグラムが値動きに対して結構敏感に反応している模様。

もう少しデータ取りをしてから拙者のクセを判断することにしましょう。
本日はとりあえずこれにて。

日々是精進。頑張ります。

あっ、来週はGWでお泊りでお出かけなのでトレードほとんどできません。
更新はまた時間が空いてしまうかも・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。